So-net無料ブログ作成

『ブラッド・ダイヤモンド』(監督:エドワード・ズウィック、主演:レオナルド・ディカプリオ) [2009年の映画]

2009年の16本目

ブラッド・ダイヤモンド [DVD]

ブラッド・ダイヤモンド [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


 公開は2006年12月(米。日本では2007年4月)。上映時間134分。
 アフリカのシエラレオネ共和国で、3人の男女が運命的な出会いを果たす。元傭兵のダイヤ密売人アーチャー(ディカプリオ)、反政府軍RUFの襲撃によって家族と引き裂かれたソロモン(フンスー)、そして、紛争ダイヤモンドの真実を暴こうとするジャーナリストのマディー(コネリー)。

 すべてはソロモンが闇ダイヤの採掘場で大粒のピンク・ダイヤを発見することから始まる。ひとりはそのダイヤの利益で救いのない暗黒大陸から抜け出そうとし、ひとりは引き裂かれた家族を取り戻そうとし、ひとりは真実を記事にするための動かぬ“証拠”を求める。

 アフリカ地域紛争で武器調達の資金源として不法取引される“ブラッド・ダイヤモンド”。そのひとつのダイヤに託された、全く異なる3つの願い。アフリカが現在もなお抱える問題を絶大なリアリティで力強く描き、物語は感動的なラストへと向かっていく―。

 なかなか面白かった。こどもがマシンガンを撃っている、ってのは嫌な映像だね。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『伝える力』(池上 彰) [2009年の読書]

2009年の16冊目

伝える力 (PHPビジネス新書)

伝える力 (PHPビジネス新書)

  • 作者: 池上 彰
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2007/04/19
  • メディア: 新書


 「伝える」ために大事なことは、まず自分自身でしっかり理解していること。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『おやすみプンプン (6)』(浅野 いにお) [2009年のマンガ]

2009年の54冊目

おやすみプンプン 6 (ヤングサンデーコミックス)

おやすみプンプン 6 (ヤングサンデーコミックス)

  • 作者: 浅野 いにお
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/12/26
  • メディア: コミック



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『THIS IS IT』(監督:ケニー・オルテガ) [2009年の映画]

2009年の15本目
this_is_it.jpg
 公式サイト:http://bd-dvd.sonypictures.jp/michaeljacksonthisisit/

 公開は2009年10月28日(全世界同時)。上映時間111分。(2週間限定で上映すると予告されていたが再上映が実施された)
 今年の夏、ロンドンのO2アリーナで開催されるはずだった彼のコンサート”THIS IS IT”。本作は2009年4月から6月までの時間の流れを追いつつ、百時間以上にも及ぶリハーサルと舞台裏の貴重な映像から構成される。幻となったロンドン公演の監督を務めていたケニー・オルテガが映画も監督。2週間限定で全世界同時公開される。
(公式サイト 作品情報より)

 すごかった。

 マイケル・ジャクソンの熱心なファンではないけれど、マイケル・ジャクソンが世界的なスターでありエンターテイナーであるというのはひしひしと伝わってきた。音楽をはじめとした聴覚表現もさることながら、ダンスや舞台演出などの視覚表現がすごかった。

 昔『スリラー』のPVを観て、それまで持っていたPVのイメージがガラリと変わったが、マイケル・ジャクソンのすごさというのは「観客をいかに楽しませるか」をさまざまなかたちで追求していく姿勢にあるのだな、と感じた。非日常性をつくる。それをひたすら追求する。

 ことばも音もダンスもパズルのピースであり、ひとつひとつのピースを緻密に精確に入念に組み合わせていく。そうして出来上がった画が、感動であり愛でありエンタテイメントであり、マイケル・ジャクソン的な時間・空間――『THIS IS IT』――なのだ。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『エンゼルバンク (9)』(三田 紀房) [2009年のマンガ]

2009年の53冊目

エンゼルバンク 9―ドラゴン桜外伝 (モーニングKC)

エンゼルバンク 9―ドラゴン桜外伝 (モーニングKC)

  • 作者: 三田 紀房
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/12/22
  • メディア: コミック


 キャリア72~キャリア80の9話を収録。題名は以下の通り。
72「チェックポイント」
73「大砲の打ち方」
74「靴のセールスマン」
75「ベンチャー社長」
76「思考法」
77「創業と経営」
78「身の丈にあった経営」
79「お客様のため」
80「参謀本部」

 題名を見たら、話の内容がなんとなく思い出せるのがすばらしい。三田紀房といい福本伸行といい、ことばの使いかたが絶妙にうまいと思う。比喩の発想も実に巧妙。

 2010年1月から長谷川京子主演でTVドラマがやるらしい。『ドラゴン桜』のTVドラマはなかなかおもしろかったが、『エンゼルバンク』はどうだろう? 生瀬勝久とウエンツ瑛士が(おそらくは海老沢、桂木として)脇をかためるようだけど、阿部寛がいないなかで『ドラゴン桜』的な雰囲気を出せるのかな? とりあえず録画はしておこうと思う。
コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『パブリック・エネミーズ』(監督:マイケル・マン、主演:ジョニー・デップ) [2009年の映画]

2009年の14本目
パブリック・エネミーズ.jpg
 公式サイト:http://www.public-enemy1.com/

 公開は2009年7月(米。日本では2009年12月)。上映時間143分。

 1933年、大恐慌時代のアメリカで、ジョン・デリンジャー(ジョニー・デップ)は紳士的な態度と鮮やかな手腕の銀行強盗として注目を集めていた。ある日、彼はクラブのクローク係として働く美しいビリーに目を奪われる。二人はダンスを楽しみ、共に食事を堪能するが、いつの間にかビリーは彼の前から姿を消す。

 ジョニー・デップ映画だった。映像が全体的に暗く、カメラが揺れている(ぶれている)シーンが多かったので観ていて疲れた。実在の銀行強盗を描いた作品なので、ストーリーはシリアスでハード。人が死んだり裏切ったり金の力で変わったりと、観ていて楽しい映画ではない。銃声は不快音だし、悪党たちの台詞は気分を良くしてくれない。

 要所々々で流れるジャズヴォーカルが心を潤してくれるが、この映画は歴史的背景を楽しむか、1933年アメリカの世界観を楽しむか、登場人物たちの服装を楽しむか、ジョニー・デップ自身を楽しむか、くらいの選択肢しか思い浮かばない。

 『イングロリアス・バスターズ』と勘違いしてチケットを買ってしまったのが悔やまれる。ちくしょう。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『脳に悪い7つの習慣』(林 成之) [2009年の読書]

2009年の15冊目

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

  • 作者: 林 成之
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2009/09/30
  • メディア: 新書


 脳には良い習慣と悪い習慣がある。悪い習慣は「やめればいいだけ」なのだが、「なぜ悪いのか」その理由を知り、順番に克服するステップを踏むことが大切なのである――ということがまえがきに書いてあった。

 なぜ「なぜ悪いのか」を知る必要があるのだろうか? この本が紹介する悪い習慣は「やめればいいだけ」のお手軽なものではないのか? 本文に入る前から、あんまり信頼できなさそうな著者だな、という印象を持つが、この「あんまり信頼できなさそうにないな」というレッテル貼りが良くないらしい。

 なぜ良くないのか。その理由は、A10神経群でそのようなレッテルが貼られると脳はその情報に関して積極的に働かなくなるからだそうだ。論理論理論理という感じの文章だった。読み物としては面白くない。脳の部位の名前を覚えようという気になったら面白いのかもしれないが。

 「自己保存」「統一・一貫性」「主体性」「達成する習慣づけが大切」くらいの鍵言葉を拾って、それぞれに枝を伸ばしてマインドマップにまとめておけば十分。車の仕組みがわからなくても、車は運転出来る。すべて知ろうと思うことがストレスになったら意味がないと思うが、著者はそれを重要だと説きすぎだろう。新書は学者が読むものじゃない、と思った。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『蜻蛉迷宮 (2)』(原作:谷川 流、作画:菜住 小羽) [2009年のマンガ]

2009年の52冊目

蜻蛉迷宮 2 (電撃コミックス)

蜻蛉迷宮 2 (電撃コミックス)

  • 作者: 谷川 流
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2009/12/18
  • メディア: コミック


 これはなかなか面白い。

 谷川流の雰囲気がすごく出ている。マンガだけど読んでる、という感じがする(字が多いわけではないのに)。『絶望系-閉じられた世界-』となにかしら通じるものを感じる。新刊案内の小冊子に書いてあった「これは、小説を愛する読者に贈る、至高のコミックである」というコピーが、端的に作品を表現してて好印象。マンガの中でもテーマとして出てきた『少年は荒野をめざす』(吉野朔実のマンガ)も読んでみたくなった。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

『蜻蛉迷宮 (1)』(原作:谷川 流、作画:菜住 小羽) [2009年のマンガ]

2009年の51冊目

蜻蛉迷宮 1 (電撃コミックス)

蜻蛉迷宮 1 (電撃コミックス)

  • 作者: 菜住 小羽
  • 出版社/メーカー: M.Co.(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/08/10
  • メディア: コミック


 谷川流原作。面白い。絵もわりといい。トーンを使ってないのかな? まぁとにかく2巻を買おう。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。